バイオレントブロー 2戦目であっさり勝ち上がり。

バイオレントブロー基本情報

募集総額(円) 20,000,000 生年月日 2015/04/15
一口あたり(円) 50,000 体高(cm) 155.0
 バゴ 胸囲(cm) 174.5
 バイオレントハート 管囲(cm) 20.3
母父  ダンスインザダーク 馬体重(kg) 450
性別  牡 測尺2016/08/25時点
生産者  上水牧場
調教師  佐々木晶三
活躍兄姉  ウィットウォーター
備考

半姉(父ヨハネスブルグ)ウィットウォーターは1000万円特別勝ち含む通算4勝を挙げた牝馬。Nijinsky6×4、Northern Dancer5*7×5*4系列ぐるみクロスを主導にMenowのスピードを加えたスピードタイプの馬でした。ウィットウォーターはNearctic6*8×6*5*5とRaise a Native5×6も前面クロスで存在して牝馬にしては余計なクロスが多くこってりした血統と思いましたが、関西の短距離戦で芝ダート問わず活躍しました。クロスがくどい牝馬でもスピードレースで勝負になるのだと学ばせてもらった馬です。

そしてバイオレントブローは厩舎が高橋康之調教師から佐々木晶三調教師へ変わり、父はヨハネスブルグからバゴに変わりました。

バイオレントブローはHaloとNorthern Dancerクロスがたすき掛けの形になっているのが気になります。またNearcticもクロスしているのでNearcoの影響が強く出るタイプと予想しています。

阪神芝マイル戦で上り34.3秒、メンバー中2番目の末脚を使って勝ち上がっているのでAlmahmoudのスピードもしっかり生きている可能性があります。この時期は完成度が結構モノをいうので経験豊富な佐々木晶三調教師の見事な仕上げで、夏シーズンにもう1つ勝てそうな気がしますがどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です