本馬場入場 スターズインヘヴン

スターズインヘヴン 未勝利戦

2014年産最後の新馬戦を2着に好走。熱発明け緒戦の未勝利は6着で2走目が3.7秒差13着の大敗。失意の放牧となったが軽く休んだだけですぐに戦線復帰するという嬉しい誤算。馬の体調を鑑みこの日が良いと田村調教師が判断し、福島の牝馬限定戦に出走することとなった。

本当はみっちり攻めを重ねたかったが、食が細くなり体重が減ってしまったため出走に踏み切ったそうで、かなり消極的な理由による出走だ。あまり期待しちゃいけないからそこんとこよろしく、という田村師の言外の声が聞こえてきそう。会員数の多いクラブだと調教師の気苦労も多そうである。

競馬新聞 スターズインヘヴン01

さてこの未勝利戦は牝馬限定の福島ダート1700mで出走は15頭。力の抜けた馬はおらずどの馬が勝っても不思議の無いメンバー構成だ。ありがたいことにスターズインヘヴンは専門誌からそこそこ印を集めていた。専門誌の調教欄に悪い事は書いていないから状態は良さそうだ。因みに公式ホームページでは一言も触れていなかったが、このレースからブリンカーを付ける事になったのには驚いた。

競馬新聞 スターズインヘヴン

競馬新聞 田村師コメント

公式ホームページと言っている事は概ね一致しているが、微妙にニュアンスが違う所があるので面白い。

スターズインヘヴン パドック

さて当日、馬体重が発表されて今日の敗戦を確信した。マイナス12kg。生き物相手の勝負の難しさを痛感する。この日の福島はとても暑く、まずは無事に完走してくださいと心の中でお願いをする。

本馬場入場 スターズインヘヴン

カンカン照り。東北地方という言葉の響きから想像できない蒸し暑さだ。

未勝利戦01 スターズインヘヴン

レースは好スタートを切ったが出足が付かず進路を塞がれて中団待機策に。キックバックを受けて頭を上げる場面が何度か見られたが吉田豊騎手が何とかなだめて馬群に食らいつく。

未勝利戦02 スターズインヘヴン

未勝利戦03 スターズインヘヴン

4コーナーで前を行く馬が外へ膨れたところを吉田豊騎手が上手い事インを突き逆転勝利に望みを繋ぐが先行馬がしぶとく粘ったため差し切れず。勝ち馬から1.1秒離された6着に終わった。

最後の直線では真っ直ぐ走っていたし、吉田豊騎手の奮闘が随所で見られたので人馬共頑張ったのは十分伝わった。スターズインヘヴンの体調が普通であればもっとやれると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です