メイクデビュー

エイムアンドエンド新馬戦&フラットレーアイビーS

今年の東京の10月が雨が延々と降り続き、競馬開催日もあいにくの天気となっている。

10月21日にエイムアンドエンドが待望のデビュー戦を迎えた。緩さはあるが十分に乗り込んでいると陣営からコメントされている。

この新馬戦ではオブセッションが単勝1.9倍の1番人気、ラムセスバローズが同4.6倍の2番人気、メイケイゴールドが同5.4倍の3番人気、以下10倍以上のオッズとなっていて3強ムードだ。

エイムアンドエンドは18.5倍の6番人気。競馬は何が起こるか分からないし、エイムの状態は良さそうなので楽しみはありそうだ。

エイムアンドエンド02

オブセッションはパドックで馬っ気を出しており、ラムセスバローズは再三立ち上がり落ち着きがない。何か一波乱ありそうだと思った。

レースは、上位人気2頭は後方に位置して前半ラップは1.06.4の超スローペースになる。馬場状態は重。これはエイムにチャンスが巡ってくるか。

直線、エイムは掻き込むフォームで目の前を通過。実に力強い走りでこれは有望と思った。しかし上位人気2頭の完成度が上回っていて、エイムアンドエンドは人気2頭に次ぐ3着でゴールインとなった。

道悪の巧そうな馬で、次も馬場が悪くなれば勝利が巡ってくるかもしれない。


アイビーステークス、芝1,800m出走は7頭。朝日杯FSあるいはホープフルSのステップレースに位置づけられるであろうレース。

フラットレー01

注目度が高く、雨がしっかりと降っているにも関わらずすごい人だかりだった。

フラットレーは単勝1.8倍の圧倒的1番人気。2番人気はタニノフランケルで、こちらは話題の良血で人気先行の感がある。後は皆10倍以上。フラットレーとしてはここは落とせない一戦。

フラットレー02

雨の日は撮影が難しい。今話題の〇〇ヘタ写真選手権で上位を賑わしそうなブレっぷり。元々そんなに高価なカメラでない上に未熟なカメラ技能と雨が重なってしまったのでご容赦いただきたい。

さて話を戻し、フラットレーの気配は申し分なく、持てる実力を出せば結果は付いてくるだろうと思わせる状態だった。

しかし競馬は実力通りに決まらないもので、昨日から降り続く雨により馬場状態は遂に不良になり、フラットレーはこの馬場にモロにやられた格好となった。

押しても押しても直線で全く伸びない。結局前々で競馬をした2頭によるワンツーフィニッシュ。勝ち馬はエイシンフラッシュ産駒でブービー人気のコスモイグナーツ。

エイムアンドエンドが重馬場で6番人気3着と好走しているし、エイシンフラッシュ産駒の活躍が目立つ1日となった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です