Open post
本馬場入場 スターズインヘヴン

スターズインヘヴン 未勝利戦

2014年産最後の新馬戦を2着に好走。熱発明け緒戦の未勝利は6着で2走目が3.7秒差13着の大敗。失意の放牧となったが軽く休んだだけですぐに戦線復帰するという嬉しい誤算。馬の体調を鑑みこの日が良いと田村調教師が判断し、福島の牝馬限定戦に出走することとなった。

本当はみっちり攻めを重ねたかったが、食が細くなり体重が減ってしまったため出走に踏み切ったそうで、かなり消極的な理由による出走だ。あまり期待しちゃいけないからそこんとこよろしく、という田村師の言外の声が聞こえてきそう。会員数の多いクラブだと調教師の気苦労も多そうである。

競馬新聞 スターズインヘヴン01

さてこの未勝利戦は牝馬限定の福島ダート1700mで出走は15頭。力の抜けた馬はおらずどの馬が勝っても不思議の無いメンバー構成だ。ありがたいことにスターズインヘヴンは専門誌からそこそこ印を集めていた。専門誌の調教欄に悪い事は書いていないから状態は良さそうだ。因みに公式ホームページでは一言も触れていなかったが、このレースからブリンカーを付ける事になったのには驚いた。

競馬新聞 スターズインヘヴン

競馬新聞 田村師コメント

公式ホームページと言っている事は概ね一致しているが、微妙にニュアンスが違う所があるので面白い。

スターズインヘヴン パドック

さて当日、馬体重が発表されて今日の敗戦を確信した。マイナス12kg。生き物相手の勝負の難しさを痛感する。この日の福島はとても暑く、まずは無事に完走してくださいと心の中でお願いをする。

本馬場入場 スターズインヘヴン

カンカン照り。東北地方という言葉の響きから想像できない蒸し暑さだ。

未勝利戦01 スターズインヘヴン

レースは好スタートを切ったが出足が付かず進路を塞がれて中団待機策に。キックバックを受けて頭を上げる場面が何度か見られたが吉田豊騎手が何とかなだめて馬群に食らいつく。

未勝利戦02 スターズインヘヴン

未勝利戦03 スターズインヘヴン

4コーナーで前を行く馬が外へ膨れたところを吉田豊騎手が上手い事インを突き逆転勝利に望みを繋ぐが先行馬がしぶとく粘ったため差し切れず。勝ち馬から1.1秒離された6着に終わった。

最後の直線では真っ直ぐ走っていたし、吉田豊騎手の奮闘が随所で見られたので人馬共頑張ったのは十分伝わった。スターズインヘヴンの体調が普通であればもっとやれると思う。

Open post

スターズインヘヴン 未勝利戦

2014年産最後の新馬戦を2着で走った後、中3週を開けて中山ダート1,800m牝馬限定未勝利戦を狙う予定だった。

しかし熱発により枠順確定前に出走を取消。2週間後の東京未勝利戦に出走する事になった。

今回は東京ダート1,600m。左回りになり距離は1ハロン短縮される。スターズインヘヴンの好走条件を探るには良い経験となりそうなレースだ。

スターズインヘヴン 東京競馬場 パドック

当日の馬体重は前走と変わらぬ460kgで周回する姿から熱発のダメージは全く感じられない。

単勝オッズは12.2倍の5番人気。キャロット出資者の応援馬券で下馬評以上に買われているだろうから、馬券ファンはこの馬の勝利を期待していないのが分かる。

スターズインヘヴン パドック 吉田豊騎手

熱発明けの馬が勝つのは下級条件戦でも滅多に見ないから妥当な評価だと思う。

スターズインヘヴンにとってこのレースはベテラン吉田豊騎手から競馬を教わる場になるだろう。多くのものを吸収して次につなげて欲しい。

東京 未勝利 三連単

とはいえ熱発明けの馬が1着になれば連単系の払い戻しは凄いことになるだろう。

スターズインヘヴンが勝つ前提に立ち、このレースの有力馬を絡めて三連単馬券を購入。

スターズインヘヴン 未勝利 スタート

雨雲が見当たらない快晴の東京競馬場の1レース。当たる可能性の低い馬券を買っているとはいえ、大型ビジョンを眺める目に力が入る。

スタートしましたっ!

スターズインヘヴンはスタートダッシュが上手くいかない。芝の上で上手に走っていないように見える。

初戦とは違い中団より後方でレースを進める。全レース先行できる馬なんか一握り。この経験は将来必ず生きるはずだ。

先行集団から取り残される格好のまま最後の直線へ。手応えが抜群とはいえない状況だが頑張って欲しい。

スターズインヘヴン 未勝利 直線

白い砂埃が舞う最後の直線。前を行く馬が乾いた馬場を嫌がってくれたら・・・。

スターズインヘヴンは上り3ハロンを38.3秒で走った。

スターズインヘヴン ダート1,600m ゴール前

バテテはいないが鋭い伸びがない。

結局逃げた3番人気06番プロディジャスが上り3Fを38.1秒でまとめて快勝。以下2着08番マースチェル(4番人気)3着07番フラワーズブルーム(2番人気)の順で確定。1番人気田辺裕信騎手騎乗の12番メイスンブルームは失速し10着に敗れた。

スターズインヘヴンは勝ち馬から1.0秒離された6着でゴールイン。熱発明けでスタートで後手を踏んだ割には健闘したと思う。

レース後の吉田豊騎手は丁寧にスターズインヘヴンの課題を挙げてくれた。親身になってくれてとても嬉しい。以下要約。

「砂を被ってはじめは戸惑った。切れよりしぶとさを活かすタイプ。馬体はまだ良くなる。ハミの取り方に偏りがある。気性も成長の余地がある。」

要は成長途上。使いつつ良くなるタイプとも話されていたので、ここから夏にかけて上積みがありそうだ。

問題は今後も吉田豊騎手が乗ってくれるかどうか。

ここまで丁寧に馬を指導してくれる騎手は東西見ても少ないので、乗り替わりは高確率でマイナスに働くと思う。

吉田豊騎手の乗りやすいタイミングで出走して勝ち上がって欲しいと思う。

Open post

スターズインヘヴン 新馬戦

スターズインヘヴン基本情報

募集総額(円) 16,000,000
一口あたり(円) 40,000
 ワークフォース
 ハンドレッドスコア
母父  ホワイトマズル
性別  牝
生産者  社台コーポレーション白老ファーム
調教師  田村康仁
活躍兄姉  センチュリオン
備考

スターズインヘヴンは1歳時に重度の捻挫をしてしまい育成が大幅に遅れてしまった。またワークフォース産駒の不振もあり、2015年度募集馬84頭のうち最後まで満口にならなかった2頭のうちの1頭となる。なおもう1頭はワークフォース産駒のアストロノート(栗東・渡辺薫厩舎)であった。

父ワークフォースは日本で早期から走るのに必要な血を持っていないため、産駒の2,3歳戦の苦戦は当然といえる。

母ハンドレッドスコアはパーフェクトスコア(父ブライアンズタイム)、マルクプレンヌ(父シンボリクリスエス)、センチュリオン(父キングカメハメハ)と、初年度産駒から続けて新馬勝ち馬を輩出した優れた繁殖牝馬である。

管理する田村康仁調教師は半兄センチュリオンを管理していてハンドレッドスコアの子どもの育ち方に対する理解があり、スターズインヘヴンをこの馬の成長に合わせてじっくり育てる方針を打ち出していた。

だから2歳時点で大幅に出遅れていてもデビューの目途さえ立てば何とかなる馬だと思っていた。

スターズインヘヴン

スターズインヘヴンは2歳暮れにゲート試験を受けるために田村厩舎へ入厩。体が出来上がってから入厩して1から始めていては未勝利戦が終わってしまうかもしれないので、先にゲート試験だけでも合格させておこうという田村師の判断による。

無事ゲート試験は合格。リリーバレー追分ファームへ戻り、トレセンの調教に耐えられる体を作っていく。

リリーバレー追分ファームでジックリと、こだわりのスープを煮込むように体を作られて2月に再び入厩。

2歳時のコメントからは想像つかない順調さで一気に出走までこぎつける。デビュー戦は3月19日中山競馬場ダート1,800mとなった。

スターズインヘヴン002

当日は460kgの馬体重。追分では一時500kg超を記録していたので随分絞られた印象を受けた。

シュッとした、走りそうな馬のシルエットで、芝でもやれそうな雰囲気を持っているが、まずは新馬戦の通過を最優先で。

スターズインヘヴン 002

道中は2番手を追走する。位置取りは良かったが終始吉田豊騎手が手を焼いているように見えた。

直線向いてもスターズインヘヴンの脚色は良かったが、勝ったナスノカンザンの手応えが違っていた。

スターズインヘヴンは後続の追撃を凌いで2着を確保まで。

レース後の吉田豊騎手のコメントでは、馬がレースを分かっていないのでまずはそこから、といった主旨のコメントをする。

陣営は、課題を探りながら解決し、勝ち上がりを目指していくような方針に見えるので、優勝はもう少し先になりそう。

相手関係が楽になった時が勝負か。